福島県が提供しているの新型コロナウイルスに関するオープンデータをグラフにしました。
既に行政・民間・有志の団体による情報提供サイトはあるものの、市区町村・年齢・性別などの属性別に、現在の状況を把握したいという思いがあり作成に至りました。

前提

世界・日本・県のデータを俯瞰してご確認されたい場合は、行政が提供しているサイトなどをご確認ください。ページ下部に記載致します。

グラフに関して

免責事項

当ページで利用しているデータは 【福島県オープンデータ推進コーナー - 福島県ホームページ】の以下のを利用しています。

データは手動で更新しており、更新したデータは自動で定期的に更新され、グラフに反映されます。

ほぼ、毎日更新しております。

グラフのシェアや自分のホームページへ掲載する方法

各グラフの右下にある「共有ボタン(3つの丸がつながっているアイコン)」をクリックすると、ご自身のサイトへ埋め込むことができるコードや、グラフのURLが表示されます。

埋め込みコードを自分のサイトに入力すると、グラフが表示されるようになります。リンクのURLはグラフの元のページです。これを共有頂くことで、グラフだけを閲覧することも可能です。

利用ツール

グラフ : 日別推移

グラフ: 年齢性別サマリー

グラフ: 市区町村別サマリー

グラフ: 市区町村・年代別サマリー

データを俯瞰できるサイト

ジョンズ・ホプキンス大学(Johns Hopkins University)

Google検索で新型コロナなどと検索すると関連情報が数値化・グラフ化されて表示されますが、この"見える化"(ビジュアライゼーション)を支えているのがこのサイトとそのデータのようです。

リポジトリ情報

This is the data repository for the 2019 Novel Coronavirus Visual Dashboard operated by the Johns Hopkins University Center for Systems Science and Engineering (JHU CSSE). Also, Supported by ESRI Living Atlas Team and the Johns Hopkins University Applied Physics Lab (JHU APL).

リポジトリURL(COVID-19 Dashboard by the Center for Systems Science and Engineering (CSSE) at Johns Hopkins University (JHU))

CSSEGISandData/COVID-19: Novel Coronavirus (COVID-19) Cases, provided by JHU CSSE

Webアプリケーション(ウェブサイト)

上記のデータを可視化したアプリケーションが公開されています。
PC版とスマートフォン版が提供されています。

PC版サイト

Coronavirus COVID-19 (2019-nCoV)

SP版サイト

Dashboard Coronavirus COVID-19 (Mobile)

日本のデータソース : Coronavirus Disease (COVID-19) Japan Tracker

ジョンズホプキンス大学のデータが参照している日本のデータです。

Shane Reustle (@reustle)さんと有志の方々が作成されています。

ウェブサイト

Coronavirus Disease (COVID-19) Japan Tracker

リポジトリ

reustle/covid19japan

Google検索

Googleが各データソースを利用し、検索結果にビジュアライゼーションを掲載しています。

Google検索の最新情報は以下のリンクからご確認頂けます。

Google検索(通常検索)

新型コロナ - Google Search

Google検索(ニュース検索)

福島県 コロナ - Google ニュース検索

福島県が提供・協力している情報・ウェブサイト

【新型コロナウイルス感染症】関連情報ポータル

【新型コロナウイルス感染症】関連情報ポータル - 福島県ホームページ

福島県 新型コロナウイルス感染症対策サイト

福島県内の最新感染動向 | 福島県 新型コロナウイルス感染症対策サイト

オールふくしま 買って応援キャンペーン サイト

オールふくしま 買って応援キャンペーン|ALL FUKUSHIMA|新型コロナウィルスに負けずに福島県民一丸となり、地域経済を応援していくキャンペーン